Top > ブラッシングのコツ

ブラッシングのコツ

友人と一緒にいった美容院
南船橋市の美容、ヘアサロン
髪の毛に関する豆知識を知りました。

髪の毛を傷めないブラッシングのコツがあるようで

ブラッシングは力を入れすぎてはいけません。

無理やりブラッシングすると髪を傷めることになります。

また、入浴後など髪の濡れているときもよくありません。

濡れているとキューティクルが開いているので

そこにブラシをかけるとキューティクルがはがれてしまいます。

かといって、完全に乾いてからのブラッシングも禁物で半乾きのときに行うのが一番いいでしょう。

薄毛・脱毛トラブル:一日に100本以上髪の毛が抜けたら危険信号です。

一日に100本以上髪の毛が抜けたら危険信号です。

髪の毛が抜け出したら要注意で髪の毛は約10万本あると言われています。

それぞれの毛は女性の場合は4年~6年の成長期と数ヶ月の休止期を経て抜け落ち

しばらくすると毛が再び成長期を迎えるというサイクルになっていると言われます。

このメカニズムの中で自然に抜け落ちる髪の毛の数は1日に50本程度が一般的と言われており

抜け毛の時期と言われる秋でも一日に100本以上の髪の毛が抜けるような要注意と言えます。

また抜け毛はコレステロールや添加物の過剰の摂取

髪の毛の成長に必要な栄養源の低下などの様々な問題が考えられます。

それを予防すにはバラスの良い食事を心がけることも大切です。

食事で取りすぎに注意したいのは

「油っぽい食事」「甘いもの」「味の濃い物」「アルコール類」と言われています。

抜け毛が気になる前に食生活を見直してみようとおもいますよね。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
思春期が終わったら大人ニキビに移行した!(2018年2月 2日)
パンパンからの解放(2017年10月 5日)
今頃なやんでると思う(2017年7月27日)
視力の限界点に挑む(2016年5月27日)
クレジットカードの現金化にブランドバッグはむいているのか(2016年5月26日)